日払いと即日払いの違い

アルバイトの求人を見ていると、給料が日払いや即日払いOK!と書かれていることがあります。

日払いというと、働いたその日に給料が受け取れると思っている人が多いのではないでしょうか。

日払い(日給制)とあれば、日給計算で給料を支払うということです。

この場合、会社によっては1週間分をまとめて支払ったり、1カ月分を決まった日に支払ったりすることがありますので、給料日はいつかを確認すると良いでしょう。

即日払いとあれば、働いたその日の分はその日にもらえるのですぐに給料が欲しいという場合にはありがたいですね。

日払いの求人は、だいたい短期の仕事が多いです。

どこかの工事現場に○日間とか、製造業で○日間だけ忙しいので募集があったりします。

日払いの仕事は、働く時間も自由なことが多いので、とにかくすぐにまとまったお金が欲しいという人に向いています。

日払いの求人を探すなら、インターネット上の求人サイトですぐに見つけられますので、おすすめです。

しかし、友だちを増やしたいとか、自分に合う仕事を見つけたいという人にはあまり向いていません。

先ほども述べましたが、短期の仕事が多く、周囲の人と仲良くなる間もなく終わってしまいますし、仕事の要領がつかめた頃に終わってしまいますので長く続ける仕事ではありません。

短期間でたくさん稼ぎたい、すぐにお金が欲しいという人は、日払いの求人ばかりをチェックし、あちこちで働いているようです。

一人暮らしの学生が、生活費が厳しくなってきた頃に日払いのアルバイトに行ったりすることもあるようです。

Comments are closed.